ビタミンEの影響

ビタミンEの影響

ビタミンEがアンチエイジングやガンの予防に効果があるということをご存知でしょうか?体を構成する細胞は不飽和脂肪酸と言われている脂肪膜によって覆われています。活性酸素はこの不飽和脂肪酸を酸化させてしまいます。つまり、空気の酸素が影響してサビを起こすのと同じシステムです。その体のサビこそが老化やガンの要因となってしまうのです。そこで、ビタミンEはその細胞膜に常駐し、不飽和脂肪酸への影響を未然に防ぐ役割を持っています。そしてビタミンCを摂取する事で、ビタミンEは活性を取り戻し、ビタミンCは分解された後、尿の中に溶けだし、体外への排出されます。したがって、老化のスピードやガンの予防をするにはビタミンEだけではなく、ビタミンCも一緒に摂った方が良いということです。さらに、動脈硬化や血行をよくする作用があるため生活習慣病の予防や肩こり、冷え性など血行不良が原因となっている症状の解消にも期待が持てます。血行を良くする作用が脳にも働き、視床下部の働きを活発化させ、生殖機能の維持や改善にも有効とされています。男性の精力減退は男性ホルモンが影響していると言われていますからね、ビタミンEを摂り入れることで分泌を促進させてくれるので精力減退にも働きかけてくれる万能の成分と言えます。