ビタミンE

ビタミンE

あまり知られていませんが、ビタミンEは不妊症の研究が進められる過程で発見されたビタミンなのです。ビタミンが水に溶ける水溶性のビタミンと、脂に溶ける脂溶性ビタミンに分けられることは知られています。

ビタミンCは水溶性ビタミンの代表として有名ですが、脂溶性のビタミンの代表であるビタミンEはあまり知られていません。

先のも記したとおり、ビタミンEは脂溶性のため脂から構成されている細胞膜に存在し、活性酸素の攻撃から細胞膜を守る働きを持っています。そのことがアンチエイジングなどさまざまな生活習慣病から守ってくれているのです。

そのビタミンEの代表的な効果が、抗酸化作用でしょう。活性酸素によって細胞が酸化、(体のサビ)から老化や生活習慣病の根本的な原因になっていますので、ビタミンEはその酸化されるのを防ぐ働きを持っています。

また、血管の健康を保つ、毛細血管の血流を良くする、肌荒れの予防・改善、前立腺がんや胃癌の予防、コレステロール値を下げる、などの効果が期待できます。

ですので、ビタミンEの効能は一般的にあまり知られていませんが、木綿豆腐や卵、レモン、キウイフルーツ、たらこ、イワシ、うなぎ、などに含まれていますので、意識して摂り入れてみてはどうでしょうか。